教員志望の真面目なナンパブログ

教員志望の真面目なナンパブログ

ナンパを通して成長したい。日々変化を求めて。

君と夏の終わり(後編)

 f:id:masahiro0539:20170904230416j:plain

前半読んでいただいた方ありがとうございます。

 

後半は即までの流れとバイバイまでの心境を。

 

 

カラオケで1時間弱。

 

手から髪、顔付近もタッチに抵抗はなし。

 

和んできたところで、キスしようと顔を近づける。

 

 

 調理子「しないよ?私まだキスしたことないし」

 

 

表情はまだ固い。

 

和みなおす。

 

 

再トライ。

 

「俺じゃ嫌?」

「嫌じゃないけど・・・」

「じゃあ目閉じて」

「んー」

 

 

目をじっと見つめる。

 

ゆっくり顔を近づける。

 

 

 

 

キス成功。

 

 

時間をかけてDキスに移行。

慣れてない感が良い。

 

その後おっぱいまで大きなグダはなく。

下に手を伸ばしたところで、ここでは無理、と。

もともと処女をカラオケで即るつもりはない。

言わせたところでホテル打診。

 

 

 

調理子「しないよ?」 

 

まだ勝ち確定の表情ではない。

 

 

 

カラオケを出て、手をつなぐ。

 

手をギュッと握ったらちゃんと返してくれた。

 

雰囲気は悪くない。

 

 

が、ここで問題発生。

 

調理子「やばい。親から鬼電きてる。」

 

調理子の親は過保護らしかった。

 

ここで電話に出られたら終わると思った。

 

申し訳ないがチャンスを逃したくはなかった。

 

 

俺「とりあえず、〇〇(調理子の最寄駅)まで行こうか。だから今は電話でないで。」

 

近くにホテルがなかったため、どちらにしろ移動する必要があった。

 

終電も近い。

 

このまま逆方向の電車に乗ることもできたが、

 

今、逃げ場をなくして即るのは違うと思った。

 

本来は考える隙を与えるべきではないが、

 

今日はちゃんと納得した上で着いてきてほしかった。

 

 

 

 

調理子の最寄駅到着。

 

改札を出る。

 

 

左へ行けば、調理子の家。

 

右へ行けば、ホテル街。

 

 

 

帰したくない。 

 

勝負の時。

 

手を引っ張った。 

 

 

 

 

 

 

「後悔させないから今日はこっち来てほしい」

 

 

 

 

調理子「・・・しないよ?」

 

 

 

 

 

良い表情をしていた。

 

いける。

 

 

休憩しか空いてなかったが、そのままホテルin。

 

 

もうグダはなかった。

 

 

恥ずかしそうな表情を浮かべる彼女。

 

丁寧に脱がせていく。

 

傷一つない綺麗な体だった。 

 

後に恐怖を残さないように、ゆっくり、ゆっくりと。

 

少しずつ求めてくるようになる過程が愛しかった。

 

相性も良かった。

 

 

 

 

タイプの子との時間はあっという間だ。

 

3hじゃ足りない。

 

ホテルを出た。

 

まだ深夜3時ごろだった。

 

調理子のチャリを停めているところまで一緒に歩く。

 

そこまで送ったら歩いて帰ろうと思っていた。

 

もう十分楽しい時間を過ごさせてもらった。

 

その旨を伝えた。

 

 

 

調理子「一人で帰るには遠すぎるよ。私も行くよ。」

 

 

 

ここから歩いて帰ったら約2時間。

 

調理子はすぐに帰れる状況。

 

きっと疲れているはずなのに。

 

今日会ったばかりなのに。

 

なんて優しいんだろう。

 

  

 

 

たわいもない話をしながら、夜道を歩いた。

 

誰もいない道を二人乗りしながら駆けた。

 

世界が止まったような感覚。

 

風が心地よい。

 

いつのまにか涼しくなった。

 

消失感を肌で感じた。

 

夏が終わったんだ。

 

 

 

同時に囚われていた過去にも終わりを告げた。

 

非モテの学生時代にあこがれていた青春。

 

もうとっくに終わっていると思っていた。

 

勝手に終わらせていたのは自分だった。

 

 

 

調理子には今気になる人がいるらしい。

 

来週会うんだとか。

 

その人と付き合ったらもう会えないと言う。

 

悔しいが、今の自分に引き留める権利はない。

 

調理子と一緒にいたらきっと楽しいだろう。

 

それでも調理子と付き合うことはない。

 

彼女にしたいと思った自分はいた。

  

ただ、それ以上の未来は考えられなかった。

 

時間を奪うことはできない。

 

まだちゃんと恋愛をしたこともないんだ。

 

これからいろんな経験を積んでいってほしい。

 

 

 

調理子と帰った道はもう通ることはないかもしれない。

 

それでも、またいつか通ることがあれば今日のことを思い出すだろう。

 

調理子の中にも何か残るものがあれば。

 

 

 

外が明るくなってきた。

 

楽しかった時間にも終わりがきた。

 

もっと家が遠ければ良いのに。

 

そう思ったのは初めてだった。

 

もう一度、彼女を抱きしめた。

 

 

 

俺「出会えて良かったよ」

 

調理子「私も。会えて良かった。またね」

 

俺「おう。またな」

 

 

 

 

彼女の「またね」という言葉が頭の中で反響した。

 

永遠にさようなら、と違いのない「またね」かもしれない。

 

 

 

最後はかっこよく去りたかった。

 

だが、一度だけ振り向くことにした。

 

 

 

彼女もまた、振り向いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔だった。

 

 

 

 

 

 

様々な感情が頭を駆け巡る。

 

切ない、という気持ちが1番強いだろうか。

 

それでも感情が動く瞬間が好きだ。

 

そんな瞬間をこれからも増やしたい。

 

ナンパ続けてきて良かった。

 

心から思った。