教員志望の真面目なナンパブログ

教員志望の真面目なナンパブログ

ナンパを通して成長したい。日々変化を求めて。

君と夏の終わり(前編)

 

9月になった。

 

もうすぐナンパを本格的に開始して1年になる。

 

夏の終わりに今までゲットした中で一番タイプの子を即ることができた。

 

忘れられない1即だった。

 

 

 

彼女ができても心の中で引きずっていた存在がいた。

 

その期間4年半。

 

自分にとってすごくタイプの子だったのだ。

 

ブロックこそされていないものの、その子とほぼ連絡はつかない。

 

だから、その子と同等orそれ以上の存在をゲットするという目標があった。

 

系統こそ違うものの、その子と同レベルの子をゲットできた。

 

囚われていた過去からようやく抜け出せた。

 

 

とりあえず声かけの冒頭の様子を。

カフェ打診までわりとテンプレみたいな会話。

 

俺「お疲れ!」

女「?」

俺「なんか足取り重くない?」

女「え?」

俺「背中が元気なさそうだった」

女「そうでもないです」

俺「すげー冷酷な顔してくるやんw」

女「何なのかなって」

俺「ナンパ的なね」

女「あーね」

俺「これから帰るとこ?」

女「待ち合わせしてます」

俺「出会い系な」

女「出会い系じゃないです」

俺「あやしー」

女「いやいやw」

俺「彼氏的な」

女「そんなんじゃないです」

俺「ってことは、、あいつか。」

女「知らないでしょw」

俺「このへんで待ち合わせしてんの?」

女「このへんです。ちょっと今連絡待ってます」

俺「多分もう連絡こないよ」

女「いやきますから」

俺「あいつお腹痛いって寝込んでるみたいだし」

女「そんな訳ないじゃないですかw」

俺「まじまじ、ポテトサラダ食べたら食中毒おこしたって」

女「ポテトサラダw」

俺「食べいく?ポテトサラダw」

女「いかなーいw」

俺「じゃーカフェにしよ」

女「えー」

俺「ここ暑くね」

女「ね、暑い」

俺「カフェで涼んでた方が賢くない?普通に」

女「まぁたしかに」

俺「コーヒーでも飲みながら優雅に待とうよ、ここは」

女「えー」

俺「めっちゃ優雅なカフェあるから」

女「そうなんですか?」

俺「まじ。穴場だから。そこの。」

女「ドトールじゃんw」

俺「せやで。俺もあんま時間ないしパッと行こ」

女「まぁもうすぐ来ると思うんで」

 

 

まだ予定キャンセルできるほどの力はない。

その後は連絡先を聞いて、雑談。

調理の専門1年生らしい。

待ち合わせ相手から電話来たところで放流。

ちなみにポテトサラダは時事ネタ。

 

その日はモチベ上がらず。

声をかけたら電車が一緒だった子いたのでそのまま地元まで話しながら帰宅。

 

 帰宅した途端、調理子からLINEが。

 

どうやら解散したらしい。

あまり楽しくなかったようだ。

 

地元が近いことが判明して盛り上がる。

盛り上がった流れで打診。

最寄り駅まで来てもらった。

先ほどの待ち合わせ相手の悪共有で盛り上がりつつ、カラオケへ。

 

一曲ずつ歌って、地元トークから恋愛トークへ。

女子高出身で、キスもしたことないらしい。

自己肯定感低めなタイプだったため、今回は褒めることを意識した。

 

褒める点で、一番気を付けなければならないのは媚びないことだ。

媚びが見えた時点で、自分がよく思われたいというマインドに陥っている。

相手が見えなくなる上に、気持ち悪くなってしまう。

 

ニヤニヤした顔で言わない。

スパっと、サラッと。

褒める+一言(ユーモア、話広げる系)

 

この辺は大事だと思う。

言い方ですべて決まる。

表情も超意識した方がいい。

ノンバーバルが9割。

褒めてる感を出さずに褒めて居心地を良さを作る。

 

 

この日の代表的なもの。

 

能力系

(お店の順番待ちで名前書いてもらった時)

「え、字めっちゃ綺麗やん」

「そうかな?」

「見直したわ。普段はガサツなのにな」

「うるさw」

 

外見+内面系

「てか爪キレイじゃん?ちょっと見せて」

「そうかな?」

「手もキレイ。専門で荒れそうなのに。ちゃんと手入れしてんだな」

「ありがと」

「意外と丁寧なとこあるやん」

「意外とか言うなしw」

「てか手ちっさいなw」

「人のこと言えないでしょw」

 

外見系

「髪サラッサラやんな」

「そう?」

「あほみたいに高いシャンプー使ってそう」

「全然w」

「市販?俺シャンプーマニアだから当てるわw」

「いいよしなくてw」

「任せろってwあーいいにおいするわ、、けどなんだろ」

「さっきお好み焼き食べたw」

「どおりでw」

「てか絶対くさいじゃんwやだw」

「そんなことねーって!香ばしいよw」

「やめてw」

 

内面系、ベタ褒めからの表情指摘

「ほんと優しいよな。めっちゃ気きくし。そういうとこ好きだわ。」

「そんなことない」(嬉しそうな表情)

「めちゃくちゃ嬉しそうやんw」

 「違うからw」

「照れてんの?w」

「全然w」

 

関係性を見てカードを切っていった。

ただ、全て心から思ったことだ。

褒めるアンテナを張っていればポイントはたくさんある。

ボディタッチが自然にできる口実にもなる。

 

褒めることは小手先と言われたらそれまでかもしれない。

実際、即ることだけを考えるならば他の要素の方が大切だ。

根底にあるのは相手にエネルギーを与える

という意識だ。

 

それはたくさん楽しませることだったり、

話を聞いて共感したり、

理解してあげることだったり

悩みや不満を軽減することだったり、

背中を押すことだったり、

自己肯定感を高めることだったり。

抽象的だがいくらでもあると思う。

 

今回は褒めるという比率が大きかったので、

テーマとして扱ってみた。

 

この国は、自己肯定感の低い人が多すぎる。

自分がそうだったように。

 

褒めるという手段は使い方を間違わなければ、

武器にもなるし、人のためになると思う。

体系化していきたい。

 

褒める話はここでおしまい。

即の流れは後半に続く。