教員志望の真面目なナンパブログ

教員志望の真面目なナンパブログ

ナンパを通して成長したい。日々変化を求めて。

低身長の現状と対策

 

高身長女子をゲットした時の達成感は大きい。

 

潜在的にコンプレックスを感じているのかもしれない。

 

コンプ全開な記事ですが、何か役に立つことを信じて書いてみます。

 

低身長の方に向けた記事です。

 

 

低身長の定義としては165cm未満と考えている。

 

成人男性の平均身長171cmに対して、

 

自分の身長は160cm。

 

偏差値で言うと28こちらを参照

 

下位3%にあたるらしい。

 

ちなみに女性の理想の身長1位は160cmというデータがある。

 

女だったらなぁ。

 

 

低身長で得した経験は以下のようなものがある。

・身長が原因で頭をぶつけたりすることがない。

・警戒心を持たれづらい。

・身長差が小さいとキスしやすい。

・同様に密着しやすい。

・69も容易。

しょうもない感じになってきたので割愛します。

 

 

一方、身長が低いことで損する事は多い。

 

その弊害と前向きな捉え方を考えてみる。

 

心理的な要素から。

 

まず、身長と収入には相関関係があるという事実。

 

それは、シークレットブーツ効果という心理効果によるものが大きい。

 

身長が高い程、権威を持つように見られる。

 

それが発言に説得力を持たせ、信頼されやすいという心理効果だ。

 

特に初対面での目線の高さは大きく印象を操作する。

 

同じ能力ならば身長が高い人が選ばれる。

 

ビジネスシーンやナンパに直結する要素だ。

 

選挙で高い位置から演説をする候補者。

 

学校で教壇を使って授業をする教員。

 

それは単に見えやすいからという理由だけではない。

 

商談では、シークレットブーツを履く人もいる。

 

身長を上手く操作して優位に立つという選択肢も視野に入れたい。

 

 

対女性に対しても低身長は大きなマイナス要素だ。

 

高校の時、クラスの美女が言った言葉を鮮明に覚えている。

 

「やっぱり背高い方がいいよね!自分より小さい男はさすがに無理。

 

それに賛同する女たち。

 

今だったらそれをネタにして話しに入りに行くが、当時の自分には酷だった。

 

男性の理想の身長なんかをググったりするともれなく絶望する。

 

生物学的に、強く見える男に女は惹かれる。

 

身長は大きな要素だ。

 

低身長はどうしても舐められやすいのだ。

 

足切りされたら挑戦も許されない。

 

ネトナンで身長を10cm盛ったら、

 

いいねやマッチングが明らかに増えていて足切りを実感した。

 

足切りは、後述する身長を高くする方法でいくらでも調整はきくのが救いだ。

 

また、ストナンでは逆転の可能性がある。

 

身長よりも話し方や雰囲気の方が何十倍も重要な要素であるからだ。

 

マイナスをプラスに変える過程はやりがいがある。

 

 

その人自身のマインドに影響があることが一番の問題かもしれない。

 

小さい頃から身長が低い場合は、

 

常に舐められやすい環境で生きてきたことにより、

 

自己肯定感が低くなりがちで、性格形成に影響を与えているという説もある。

 

周りの低身長の人を見ても、自信がある人は少ない実感がある。

 

それも年収に影響を与える要因かもしれない。

 

その代わり優しく温和な人は多い。

 

この種の優しさはナンパにおいてはプラスになり辛いが、

 

人間的に長所であるのは間違いないだろう。

 

 

サイズが合う服が少ないということも苦労する要因の1つだ。

 

服はサイズ感が何よりも大事だ。

 

特に、身長が低いと誤魔化しがきかない。

 

低身長にとっては、サイズ感が全てと言っても過言ではない。

 

だが、ほとんどのブランドのSサイズは自分にとって大きいのだ。

 

気に入った服があってもサイズ感グダが頻発する。

 

逆に言えば、買うブランドをかなり絞ることができるので楽だ。

 

自分に合う服やブランドを知ることで、前向きに変換したいところである。

 

個人的に好きなブランドはSTUDIOUS。

 

サイズがタイトな上に、シルエットが綺麗でオススメ。

 

 

10代の頃は、身長を伸ばすために様々なことを試した。

 

食事、睡眠、運動などの生活習慣の改善。

 

身長をグングン伸ばすと言われる怪しいサプリメント

 

美味しくもないゴボウの煮汁。栄養ドリンク。

 

毎日のストレッチ。

 

雑誌の後ろに載っている怪しい器具。

 

なけなしのお小遣いで買ったサプリメントや器具は、

 

何も効果が得られず。

 

自分がまだ身長が伸びるかどうかは、

 

レントゲンで成長線が残っているか調べればわかる。

 

伸ばそうとする前に、可能性があるか調べるのが先決だ。

 

ちなみに15歳の時点で成長線があまり残っていないことが判明したが、

 

諦めたくない思いでいろんな方法をひたすら試していたという経緯がある。

 

身長を伸ばす方法はたくさんあるが、成長系は実績がないので割愛する。

 

 

ここからは即効性と実用性がある方法を紹介する。

 

最初に一番効果が高いもの。

 

1.シークレットブーツを履く。(5~12cm)

 

靴を購入する際は基本的にはお店で試し履きすることが望ましい。

 

服はサイズを詳細に知ることができれば失敗することはほとんどない。

 

靴は、サイズがわかっても足が合わないことが多々ある。

 

ただ、普通の店舗ではシークレットブーツを販売していること自体が珍しい。

 

自身のオススメはシークレットブーツ専門店TALLSHOESである。

 

店舗は銀座と横浜。

 

店内は全てシークレットブーツなので品揃えに困ることはないだろう。

 

シークレットブーツが普及し辛い原因として、

 

1つはダサいデザインが多いことが挙げられる。

 

こちらでは、許容できるレベルの靴も多く売られている。

 

逆にここで買いたいものが見つからなければ、諦めて好きな靴を履いた方が良い。

 

基本的には5~12cmのものが売られている。

 

高ければ高い程いいが、10cm以上は歩き辛くなってくる。

 

ストナンなど移動が多い方は7cm位までに留めておくと良いかと。

 

ちなみに10cm以上盛ると、靴を脱いだ時にバレることが多くなる。

 

その時点で魅了できていれば全く問題ないはずだが一応。

 

2.厚めのインソールを入れる。(1~4cm)

 

特に、好きな靴を履きたい方に勧めたい。

 

先ほどのTALLSHOES、もしくは通販で何種類か販売されている。

 

靴によってはインソールが入らないことも多いので試すことが望ましい。

 

5種類ほどインソールを購入したが、それぞれ合う靴が違うので、

 

一概にこれが良いとは言いきれない。

 

また、構造上シークレットブーツとインソールは相性があまり良くない。

 

ちなみに身長アップに拘らないのであれば、

 

池袋の東急ハンズがオススメ。

 

インソールの品揃えがよく、試すことも可能。

 

3.O脚を直す。(1~3cm)

 

気を付けの姿勢で両足を付けたとき、太もものあたりに溝ができていればO脚だ。

 

日本人はO脚の比率が多く、8割以上とも言われている。

 

そのO脚を直すことで平均で2cm、MAX3cm身長が高くなる。

 

O脚は盲点だが、かなり大きな要素である。

 

直す方法はいくつかあるので調べてほしい。

 

自分は、シャワーや歯磨きの時などのついでに、

 

気を付けの姿勢から足をグッと内側に寄せる方法をとっている。

 

 

4.猫背を直す。(2cm~)

 

胸を張って歩く。恋愛活動している人には当たり前かもしれないが、

 

無意識下まで落とせている人は意外と少ない。

 

身長が高く見える以上に、印象が全然違うので意識したいところである。

 

5.黒スキニー+黒ブーツ(+α)

 

足をスラっと見せることで視覚的に身長が高くなる効果を狙ったものである。

 

黒は縮小色であり、一番スラっと見える。

 

また、パンツと靴の色を合わせることでさらに長身に見える効果がある。

 

黒スキニーや黒ブーツは合わやすさ抜群なので持っておいて損はないだろう。

 

~番外編~筋トレする。

 

身長自体は関係ないです。笑

 

最初に言ったシークレットブーツ効果は、身長だけでなく体の大きさにも関係する。

 

同じ身長ならガリガリより、マッチョの方が威厳が出る。

 

まぁ当然と言えば当然。

 

一応シークレットブーツ効果の関連として。

 

低身長の場合、細くて刺さる可能性はない。

 

やはり筋トレはある程度必要なのだろう。

 

 

以上の実践により、人によっては20cm近く身長が高くなる可能性を秘めている。

 

身長にコンプレックスを抱えている人は試してみてほしい。

 

 

低身長のもう一つの希望は、

 

精神年齢やレベルが高い人ほど、最終的に内面を重視する人が多いことだ。

 

今の実力では、身長がネックになることが多いが、

 

内面を磨き切れば、問題はなくなる。

 

そもそも低身長ではないが、TAVの岡田さんは、

 

身長は関係はないと言っている。

 

当時は納得できなかったが、

 

(本物の実力で圧倒すれば)身長は関係ないと意味で言ったのだろう。

 

高身長美女をゲットできるようになった時、

 

身長コンプを完全に乗り越え、

 

男として本物の実力がついたと言えるのではないか。

 

少なくともその時が来るまではナンパ活動は続ける。

 

身長は盛った方が得だが、本物の実力・自信を手に入れる過程で気にならなくなる。

 

それが自身の結論だ。

 

 身長が低くても、一緒にいて誇りに思えるような男を目指したい。