教員志望の真面目なナンパブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員志望の真面目なナンパブログ

ナンパを通して成長したい。日々変化を求めて。

初ストナン即の話。

 

ストナンを本格的に始めて約3か月。

 

初めてストで即りました。

  

ツイッターでリプやいいねをくれた方々ありがとうございました!!

こんなにたくさん反応がくると思いませんでした。

そっけない返事になってしまいましたが、内心めちゃくちゃ嬉しかったです。

初即かつタイプの子をゲットできました。

セルフイメージくっそ上がりました。笑

自分にとって大切な一日でした。

忘れないためにも記事を書きます。

 

2017年1月6日。夜。

仕事終わりに梟でスト。

sousouさんと合流させていただきました。

地蔵トークが盛り上がる。笑

コンビも挑戦しつつ、ソロでは初心に戻ってドロップアプローチ。

少々時代遅れ感あるじゃがりこでw

その日の反応は悪くなかったけど、連れ出せた時はまるで役に立たなかったw

 

アプローチ冒頭の雰囲気。

 

(斜め前方に入り、目が合った瞬間声をかける)

俺「ね、これ落とさなかった?」

じゃがりこを見せる。

俺「じゃがりこ。落としてない?」

女「落としてないです」

俺「落としてない?俺拾ったんだけど」

女「いや」

俺「さすがに違うよな。じゃがりこは」

笑い反応ない時は、速攻切り替えます。笑

(相手の熊のマフラーを見て)

俺「てかなんで熊巻いてんの?」

女「笑。熊じゃないです」

俺「え、何。めっちゃ可愛いんだけど。熊じゃないの?笑」

女「熊じゃないですよ」

俺「違うの?」

女「はい」

俺「何?笑」

女「・・・」

俺「それだけ教えて。犬?」

女「熊です。」

俺「熊じゃねーかw」

女「笑」

俺「仕事帰り?」

女「そうです」

俺「お疲れ」

女「お疲れさまです」

俺「仕事帰りに一杯飲みたくない?」

女「大丈夫です」

俺「まぁエスカレーターまで送るよ」

テンパってすぐに連れ出し打診してしまいました。

(とりあえずマフラーで攻める)

俺「あったかそうだな。熊のマフラー」

女「あったかいですよ」

俺「てか珍しいよね。初めて見たわ」

女「変ですか?」

俺「いや、似合ってる。すげーかわいい」

女「恥ずかしい」

俺「俺も欲しい」

女「笑」

俺「くれ」

女「それは無理です。笑」

俺「じゃあ30秒だけ貸して」

女「笑」

やはり共有スペースは強いと感じた。

数分話して、再びの飲み打診。

 

・・・通った。

連勤した帰りでちょうど飲みたかったとのこと。運がよかった。

相手はアパレルで働く3つ上のサブカル色が強めの子。

色白でショートボブ。笑顔が可愛い。

タイプだった。

話せば話すほど、趣味もフィーリングも合った。

わざわざ感性を合わせにいく必要がなかった。

自然に自分の得意なフィールドに持ち込めた。

コミュ力も高くて、話しててめちゃくちゃ楽しい。

発想も豊かで、柔軟性がありそうだった。

自分の恋愛観を素直に話してみてもいいかもしれない。

 

深い話を挿入できそうなタイミングがきた。

 

女「なんで声かけたの?」

俺「タイプだったからに決まってんじゃん」

(当たり前の事聞くなよお前。みたいなマインドで)

女「そうだよね。笑 私も男だったらナンパしたり遊びまくってみたかった~笑」

俺「 まぁ遊びたいだけじゃないけどな。笑」

 

恋達さんの深い話を踏まえて持論を展開した。

もちろん相手の反応を見ながら。

相手の価値観とズレるようなら話すべきでない。

話す内容は相手のレベルや思考によって調整するべきだと思う。

あと、時々は笑いを入れながら。

 

概要はこんな感じ。

・将来のパートナー選びが死ぬほど大事な話

・今までのコミュニティの中でその相手を見つけるのは困難、妥協が生じる

・いずれはナンパで理想の相手を見つけて引退する

・理想の相手を見つけた時、俺は相手の期待に応えらえる人間なのか

・将来、パートナーを絶対に幸せにする。それができる男になる

・経験が何より大事。今はできる限りいろんな経験をして男としての魅力を磨きたい

・ナンパはそのための手段の1つ

・ナンパを通して得たものは大きい。恋愛だけではない。将来に繋がる。

・日常生活や仕事でナンパが生きたことを実感したエピソード

・付き合うことの重さについて。特に男性は軽視しがちな点。

・恋人ができたらナンパはしない。相手と真摯に向き合いたい。

・だが、今は成長のためにもナンパを続けたい

・だから今は付き合ったりするつもりはない

・それでもついてきてくれたからには、楽しませたい。来て良かったと思わせるよ

 

そこまで深い話になっていないが。

差別化できたとは思う。

これからもっと深堀りして話せるようにしたい。

「え、意外!」という発言と共に、

相手の目の色が変わっていくのがわかった。

好反応であることは理解できた。

今回は上手くハマった。

真面目な話に入るまでに、どのような演出をしているかが大事だと感じた。

てきとうに見えて、実はしっかりしている

ぶっきらぼうだけど、本当は優しい

チャラそうだけど、相手のことを考えている

自分の魅力を最大限に引き出すために、

あえて逆の演出をする。

ギャップのある人は魅力的に映る。

上手く使いこなしたい。

 

いよいよクロージングへ。 

 

2時間以上話しただろうか。

十分な食い付きを感じたので店を出る。

(実は終電なくなるまで保険かけてたのは内緒)

気をつけて。と言いつつ階段で手を握る。

ハンドテストも成功。

女「どこ行く?」

俺「とりあえずコンビニで酒でも買うか」

ホテル街へ少しでも近づいておく。笑

コンビニ出たところで直球で勝負した。

 

俺「ホテル行こ」

女「笑。いいよ。」

 

 

 

通った。

 

嬉しい。

抑えていたけど、にやけてた気がする。笑 

 

ホテル内で乾杯してそのままキス。

気づけば朝になっていた。

身体の相性も良かった。

最高だった。

 

今回のゲットは非常に満足できるものだった。

最初から最後までずっと楽しかった。

同時に葛藤が生まれた。

 

外見、会話、性格、趣味、身体の相性

全て良いと思った。

ゲット後、心からまた会いたいと思った人は初めてだった。

後日、家に遊びに行った。

やっぱりめちゃくちゃ良い子だ。

気持ちが冷めなかった。

付き合いたいと思ってしまった。

愛したいし、愛されたい。

自分で決めたルールが揺らぎそうだった。

そんな気持ちになったのはいつぶりだろう。

でもまだナンパをやめるつもりはない。

自分にも相手にも嘘はつきたくない。

これからも大切にしたい相手であることは間違いないのだが。

答えは出ているが、考えてしまう。

一方で、自分の可能性を感じた出来事でもあった。

運が大きく味方してくれたが、

少し前まで恋愛で右も左もわからなかった俺が、

ストナンで自分好みの子をゲットできた事。

現時点で、この結果を出せた。

ストナンのうまみを知った。

わくわくする。

成長した先の景色を早く見てみたい。